観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

手間がかからず枯れにくい観葉植物の種類は結局何か-3

   

このシリーズ1 、及び2 と併せてご覧ください。

今回は、ドラセナ スルクローサ “プンクチュラータ”のご紹介です。

読み方の違いで、スルクローサをサルクローサ、プンクチュラータをパンクチュラータとされる場合もありますが、同じことです。

 

 

一般的には、ゴッドセフィアナと呼ばれているドラセナ属の一つです。よくあることですが、間違った名前で広まってしまったパターンです。そのゴッドセフィアナの仲間は、フロリダビューティーを筆頭にあまり背が高くならず、最低でも150cmは欲しい大鉢には向きません。しかしプンクチュラータには背が高くなる性質があるようで、たまに大鉢として出回ってきます。しかし本当に、たまにしか出てこないので、見かけたら即買いです!こういった観葉は、珍しくても値段が高くならないのが業者からしたらありがたいところです。(高くなってもいいから、もっと普通に出回ってくれた方がいいかな??)

1.8m位の大鉢としたら標準的な高さから、さらにピューンと新芽が伸びてきました。先に茎を伸ばし、後から葉が出てくるのです。これだけだったらへぇ~というだけで深い意味はないのですが、これと同じような新芽がタケノコのように地面からも出てきます。それを私たちは、普段の手入れの一環で特に意識もせずくくっていきます。また古くなって傷んだ茎は特に意識もせず切っていきます。そうしていつのまにか、古い茎が新しい茎と入れ替わり株を更新していっているのだと思います。

特にここまで大きく育った株(使い込んだと言った方が正しいかも)は、少々暗い所に置いても、水をやり過ぎても、やらな過ぎても、滅多なことでは枯れません!

 

 

 

 

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - 観葉植物 , , ,

  関連記事

シュロチクの教訓~水切れしても後でたっぷり水をあげたら元に戻る植物と戻らない植物~

今年もまた去年と同じ失敗をしてしまいました。シュロチクの水枯れです。月2回メンテ …

屋内、寄せ植え鉢のご紹介

屋内用観葉植物レンタルで、主な商品は大鉢、中鉢、小鉢、花鉢。その他にも、グループ …

時代遅れなのか最先端なのか、大型屋内緑化

日立造船株式会社大阪本社で、屋内緑化の管理をさせていただいております。通常サイズ …

大きな観葉植物を乗用車で運ぶ方法

荷物というだけで、後方のトランクまたは荷物用スペースへ入れようとされるかもしれま …

園芸種その1

観葉植物として流通してるものの大半は園芸種です。 やはり育種選抜された品種は美し …

室内の観葉植物をすぐに枯らしてしまう人に伝えたい長持ちのコツ<設置場所編>

 観葉植物を設置するにあたって、いちばん最初に考えなければならないことは、設置場 …

ちょっとの差が大きな差となる、接待・接遇・おもてなし

 東京五輪の招致活動で「おもてなし」という言葉が脚光を浴びました。海外から来られ …

植物を育てている植木鉢の土が減る理由と対処法

昔、植物は土を食べて大きく育つと考えられていました。それは誤りと言ったのが、ヤナ …

神戸国際会館屋上の SORA Garden へ行ってきた

言わずと知れた西畠清順氏がプロデュースした庭園です。前々から行ってみたいと思って …

カポックは寒さには強いが暑さには弱い ~暑さに強い観葉植物とは~

観葉植物の耐寒性についてはよく言われるところですが、耐暑性(?)についてはほとん …