観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

真っ暗な部屋でもフェイクグリーンではなく、生きた観葉植物をお勧めするのか

   

新規のお見積り、ご提案をさせていただく機会がありました。新築の事務所内の、スタイリッシュで照明の暗い廊下部分でした。設計士さんはフェイクグリーンを予定されていたのですが、本物の観葉植物でもレンタルなら定期的なメンテナンスがセットで、痛んだ植物は適宜取替えしていくから、この環境でも綺麗な状態を保つことができますよとアピール。オーナーさんには、綺麗な状態を保つためにはある程度のメンテナンス費用が必要と理解していただいただけたと思っています。しかし月々の支払い金額はできるかぎり抑えたいように見受けられました。

後日、レンタルでも月額を抑えるために、鉢カバーなど資材類を最初にを購入していただいた場合のお見積もりと、フェイクグリーン(これはレンタルの意味がないので)販売の見積もりも持参することになりました。

本物の植物を広めていきたい者の立場からすると、フェイクグリーンは敵。しかしフェイクグリーンの質感が進化して良くなってきているのも事実。正直、植物の痛みの早い暗い部屋に関したら、何年も持つ植物を数ヶ月で、何ヶ月も持つ植物を数週間でダメにしてしまう真っ暗な部屋まで生きた植物をお勧めていいものかと葛藤があるのも事実です。でもそこは腕の見せ所で、いかにダメージが少ないように耐陰性のある植物を中心に本物の観葉植物で飾っていくか、交換の手間を惜しまず完全に痛む前に交換していくか、といったところでしょう。あっ、そういう環境に置くとわかっていて本物の観葉植物販売は絶対にお勧めしないですよ。

フェイクグリーンが進化してきたとはいっても、明るい環境では絶対本物を使うべきですね。特に直射日光が当たる屋外などはやはり光で劣化してしまいますし、せっかく生きた植物を使える環境で、最初の見た目やとりあえずの費用だけでそれを使うのは論外と思っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

造花?

 

 

 

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - 観葉植物 , ,

  関連記事

カポックは寒さには強いが暑さには弱い ~暑さに強い観葉植物とは~

観葉植物の耐寒性についてはよく言われるところですが、耐暑性(?)についてはほとん …

観葉植物装飾 グループプランツ「トトロの森」その後

以前に流木のところでご紹介させていただきましたグループプランツ 、お客さんが「ト …

同業他社よりお安く提供できる理由 ~25周年を振り返って~

昨日、「レンタル植物の値段が他社より安いみたいですが、ホームページに書かれている …

桜~新緑

新年度がスタートしました。生活が変わった方以前通りの方それぞれだと思います。桜の …

観葉植物には年輪がないからダメだけど・・・

熱帯系の観葉植物には年輪がありません。そもそも年輪とは、夏や冬といった季節がある …

病院にこそインテリアグリーンを!

病院では、多くの患者さんがグリーンを見て安らぎを覚えることでしょう。特に外に出ら …

ランと付くのにランではない植物

ユリ科のスズランやオリヅルラン、ヒガンバナ科の君子蘭、シダ植物のコウモリランなど …

エアープランツにもたっぷりとお水をあげてくださいね

 エアープランツは、中南米を中心に自生するブロメリア科の植物で、他の樹木などに着 …

今年最強寒波の前に、観葉植物の耐寒性と置き場所を再チェック

大阪でも雪が降り始めました。明日から今年最強の寒波がやってくるようですね。その前 …

室内でゴムノキを切る時にはティッシュの用意を

ゴムノキなどクワ科の植物は、切ったら白い汁がでてきます。イチジク、ベンジャミン、 …