観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

室内で観葉植物を育てるのに気を付けたいこと「明るさと温度と風」

   

室内で観葉植物を育てるのに「風」は重要要素です。エアコンの乾いた風に当てない方がいいということは、ご存じの方は多いですが、逆に、風がないからよくないのではと思う人はほとんどいないのではないでしょうか。密閉された部屋は、風の流れが極めて少ないものです。

同じ明るさでも、広い空間と狭い空間では、狭い空間に置いた植物の方が傷みます。狭い空間ほど風・空気の流れがないからだと思います。室内に植物を置くなら、そして長持ちさせたいなら、まず明るい所、そして風が通る所か広い所がいいということです。真冬はそんなことも言ってられず、少しでも夜間の冷えが少ない所が優先となりますが。

ワンルームでは、部屋を選ぶまでもありません。窓辺に置くしかないですね。そして、夏の暑さも気にしなければなりません。真夏、閉め切った部屋はかなりの高温になります。上階で、窓を開けても大丈夫なら、外出時は少し窓を開けておくだけで全然違います。風の流れも生んでくれます。それが無理なら緩くエアコンを付けておくか。まぁ、防犯面、エネルギー消費の面でオススメできませんが、植物優先という観点から見たらそうなります。暑さ、寒さに関係なく、換気扇や扇風機を回しておくというのは、消費電力が少なくていいかもですね。

 

観葉植物の生産者温室です。多くの観葉植物にちょうどいい位の遮光をされています。もちろん、夏は高温になり過ぎず、冬は寒くなり過ぎないように調整されています。風の流れもあります。室内でもこういう環境に少しでも近い所がいいということです。

 

 

大型ビルや大型マンションのエントランスやアトリウム等、明るくて広い空間は温室に次いで理想的な場所。
この前後の投稿では「暗い所」、「明る過ぎる所」についても書いています。
事務所や店舗向けの記述ですがご参考まで。

.
.
.

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - 観葉植物 , , , , , , , , ,

  関連記事

屋内の観葉植物の葉が汚れる理由と防虫対策

屋内の観葉植物の葉が汚れる理由は、一言でいえば外にある植物と違って雨に当たらない …

なんじゃこれはのドラコン

植物の仕入れでたまに見かける新品種(?)。生産者もあれこれと工夫して、従来の物で …

屋内、寄せ植え鉢のご紹介

屋内用観葉植物レンタルで、主な商品は大鉢、中鉢、小鉢、花鉢。その他にも、グループ …

観葉植物のススメ<初夏編>

5月も終わりが近づき、朝晩、外はまだ涼しいですが、日中外は日を追う毎に暑さも増し …

軽トラのアレが地下道の壁に激突して、さてどうしよう

軽トラが車検で、車屋の人が取りに来られました。すぐに電話がかかってきて、「地下道 …

インテリアグリーンではたいした問題ではない?肥料の話し

 肥料の三要素が窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)というのは有名な話しです。売 …

ランと付くのにランではない植物

ユリ科のスズランやオリヅルラン、ヒガンバナ科の君子蘭、シダ植物のコウモリランなど …

鉢植え植物の植え替えの方法とコツ! ひとまわり大きな鉢にする必要はあるのかどうか?

鉢植えの植物で、鉢が根でいっぱいになってくると、根詰まりを起こし生育が悪くなって …

花心:《すぐに散ってしまうところから》移りやすい心。浮気心。じゃなくて・・・

小さな頃絵をよく書いた、見てきた等の理由で、大きくなってからもそのセンスがあるこ …

決算、利益対策としての太陽光。車は?家賃は?観葉植物レンタルは?

今春(?)、とうとう太陽光の一括償却という税金の優遇措置がなくなってしまいました …