観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

室内の観葉植物をすぐに枯らしてしまう人に伝えたい長持ちのコツ<設置場所編>

   

 観葉植物を設置するにあたって、いちばん最初に考えなければならないことは、設置場所の冬の寒さです。観葉植物はほぼ熱帯系の樹木ですから、この木は最低何度まで耐えるか、という点が問題となります。樹種によって、0度位まで大丈夫な観音竹や青ドラもあれば、15度は必要なアローカシアもあります。平均的には10度位のものが多いですね。設置場所は冬の寒さを第一に考えるべきです。

観葉植物はどの部屋に設置するのがいいのか

 一般家庭に当てはめますと、玄関や洗面などより冬に寒くなりにくいリビングがいいといったところでしょうか。明るいか暗いかといったもう一つのポイントである光量からみてもリビングがベストです。出窓があればそこがいいような気もしますが、時期によって、昼夜によって温度変化の大きい場所ですので要注意です。
 また、暑いのはいくらでも構わない、明るいのはいくらでも構わないという訳ではなく、夏の暑過ぎや、直射日光は厳禁です。たまには外に出してあげないとかわいそうと、寒い日、暑い日に外に出すこと、急に直射日光に当てるのもNGです。意外にも熱帯は日本の夏ほど暑くなりませんし、そもそも季節がなく温度変化の少ない所です。寒過ぎだけではなく、暑過ぎも、単なる温度変化も苦手なのです。しかも鉢植えにされている植物は、高木によって直射日光が遮断された地面近くの植物が多いものです。よくカーテン越の光がいいと言われる所以です。

室内に設置するのはなぜ熱帯系の観葉植物なのか

ではなぜ、室内に設置するのは、その辺に生えている「和木」ではなくて熱帯系の「観葉植物」なのでしょうか?それは、変わった色や形の葉が多いということもあるでしょうし、人が快適に過ごせるよう冷暖房を付けて温度調整する環境が、温度変化の少ない熱帯に似ているということもあるのでしょう。

 次のポイント、「水やり」についてはまたの機会で紹介させていただきますね。

PDR_27502[1]

 著者の会社アルファ・ウィンでは、観葉植物のレンタルを行っています。レンタルでは定期的に植物を取替えしますので、時期や環境に合った植物を設置させていただくことができます。冬、寒くなるような場所には耐寒性のある植物を、夏、光の強い場所には強光にも耐える植物を、暗い部屋には暗さにも耐える植物をといった具合です。配達エリアは大阪とその周辺に限られておりますが、よかったらホームページもご参照していただければ幸いです。

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - 観葉植物

  関連記事

ポトスの葉は茎の太さに比例して大きくなる

熱帯地方や植物園にある温室などで、とんでもなく大きな葉っぱのポトスを見たことない …

真っ暗な部屋でもフェイクグリーンではなく、生きた観葉植物をお勧めするのか

新規のお見積り、ご提案をさせていただく機会がありました。新築の事務所内の、スタイ …

お祝いには胡蝶蘭という画一的な発想は何とかならないものかなぁ

先日、お祝いでもらった胡蝶蘭が要らないから撤去してもらえないかという依頼をいただ …

ちょっと変わった植栽、その後

3ケ月余り経過して、一部植替えもして、今はこんな感じです・・・ 3月に納品させて …

リース植木なんてありません!レンタル植物はいつでも解約できます!!

 観葉植物のレンタルは、貸植木、貸鉢、グリーンレンタル、レンタルプランツなど様々 …

住まいの方位(リビングやバルコニーの向き)と植物の関係

日本では昔から住まいは南向きがいいとされ、「南向き信仰」とも言われています。小学 …

オフィスでレンタル植物を本当に置いてほしいのは通常業務スペース+α情報

一般企業オフィスで、優先して観葉植物を置こうとまず考えられるのは来客室、応接室、 …

市役所の観葉植物が汚いわけとは

どこも全部というわけではありませんが、市役所や各種官公庁の建物内に設置されている …

パーテーションではなく、間仕切りプランターでスペースを区切る

オフィスや店舗でスペースを区切る場合、まず思いつくのはパーテーションでしょうが、 …

観葉植物のススメ<初夏編>

5月も終わりが近づき、朝晩、外はまだ涼しいですが、日中外は日を追う毎に暑さも増し …