観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

花壇や大型プランターで、宿根草は抜かずに隠しておくテクニック

   

また春の植替えシーズンがやってきました。教科書的には、「プランターに植わってた植物は全部抜いて、土も全部出して天日干しをして病害虫をなくし、さらに栄養分などを補給して、新たに植える準備をしましょう」といったところでしょうか。しかし実際問題、なかなかそこまでやってられません。

自己流な話しになってしまうかもしれませんが、また花壇や大きなプランター限定になってしまいますが、ちょっとしたテクニックをご紹介させていただきます。夏~秋頃に咲いて冬には花のなくなってしまう宿根草は、抜かないで間に植えるパンジー等の一年草で隠して目立たなくしてしまうのです。上に植物を被せることで、寒風除けにもなります。そしたら次の春、また新たな苗を植えなくても勝手に芽が出てきて大きく育ってくれます。

 

これは、アメジストセージ。別名がいっぱいあって、メキシカンセージ、メキシカンブッシュセージ、サルビア・レウカンサなどとも呼ばれます。冬に掘らずにラベンダーやシクラメンの合間に隠していました。そしたらご覧の通り、春になって新芽が出てきました。苗代の節約という意味合いもありますが、それより、十分に根付いた状態だから、今年はより株が大きくなって花をいっぱい咲かせてくれるであろういい状態と言えます。
 .

これは宿根草ではなく、通常一年草として扱われる普通のベゴニア、ベゴニアセンパフローレンス。だいたいこれは一年草、これは宿根草、なんて人間が勝手に決めた区分ですから、植物が持つんだったらそのままにしておいたらいいのです。寒風が当たらないベアグラスの下に隠していました。植替えなくてもこれからどんどん生長してくれます。
 .

これは別に隠していた訳ではないけど、花が終わっても切り戻しだけしてそのままにしておいたナデシコ。春になってグングン伸びてきました。間もなく花を咲かせてくれます。
 .
あっ、たいした意味はないですが、花壇や大型プランター限定としたのは、小さなプランターだったら、花のない切り戻しをした株が目立ってしまうからです。ただそれだけです。私たちのように仕事でやるのではなく、普通に趣味でやられるなら全然有りです。
.

 .
上の例とは逆に、春に花の終わったシクラメンの球根をそのままにして、夏の花で隠しておいたら、次の冬に勝手に咲いてくるというバージョンもあります。しかし夏越しは、冬越し以上に難しいかも・・・

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - ガーデニング, 庭・植栽 , ,

  関連記事

ちょっと変わった植栽、その後

3ケ月余り経過して、一部植替えもして、今はこんな感じです・・・ 3月に納品させて …

植物を育てている植木鉢の土が減る理由と対処法

昔、植物は土を食べて大きく育つと考えられていました。それは誤りと言ったのが、ヤナ …

ロイヤルステージ南春日丘、水琴窟上のスペースをリニューアル

何度か紹介させていただいています、ロイヤルステージ南春日丘エントランスにあります …

茨木市民さくらまつり ガーデニングアート

毎年恒例の茨木市民さくらまつり。その催しの一つに小庭園の展示があります。今年は去 …

豊中市で 観測史上最大風速を記録した台風21号の爪跡

ようやく台風が去りました。近畿は直撃を免れて助かったと思っていたのですが、意外な …

植物好き、ロケーション重視派には堪らない池田巡り

大阪府池田市から兵庫県宝塚市にかけてのエリアは、古くからのサツキ等植木の産地で、 …

多肉寄せ植え💗

おはようございます。 今年に入ってバタバタと・・一月も終わりに近づいてまいりまし …

ちょいちょいと、お店の前の花壇に花や木を植えてきました

提携先のお花屋さんとは、お互い苦手分野で仕事のやりとりをしています。うちからした …

観葉植物には年輪がないからダメだけど・・・

熱帯系の観葉植物には年輪がありません。そもそも年輪とは、夏や冬といった季節がある …

枕木vs.石

 ガーデン資材として、枕木にするか石にするか迷うことがあります。私は元々枕木派? …