観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

花壇や大型プランターで、宿根草は抜かずに隠しておくテクニック

   

また春の植替えシーズンがやってきました。教科書的には、「プランターに植わってた植物は全部抜いて、土も全部出して天日干しをして病害虫をなくし、さらに栄養分などを補給して、新たに植える準備をしましょう」といったところでしょうか。しかし実際問題、なかなかそこまでやってられません。

自己流な話しになってしまうかもしれませんが、また花壇や大きなプランター限定になってしまいますが、ちょっとしたテクニックをご紹介させていただきます。夏~秋頃に咲いて冬には花のなくなってしまう宿根草は、抜かないで間に植えるパンジー等の一年草で隠して目立たなくしてしまうのです。上に植物を被せることで、寒風除けにもなります。そしたら次の春、また新たな苗を植えなくても勝手に芽が出てきて大きく育ってくれます。

 

これは、アメジストセージ。別名がいっぱいあって、メキシカンセージ、メキシカンブッシュセージ、サルビア・レウカンサなどとも呼ばれます。冬に掘らずにラベンダーやシクラメンの合間に隠していました。そしたらご覧の通り、春になって新芽が出てきました。苗代の節約という意味合いもありますが、それより、十分に根付いた状態だから、今年はより株が大きくなって花をいっぱい咲かせてくれるであろういい状態と言えます。
 .

これは宿根草ではなく、通常一年草として扱われる普通のベゴニア、ベゴニアセンパフローレンス。だいたいこれは一年草、これは宿根草、なんて人間が勝手に決めた区分ですから、植物が持つんだったらそのままにしておいたらいいのです。寒風が当たらないベアグラスの下に隠していました。植替えなくてもこれからどんどん生長してくれます。
 .

これは別に隠していた訳ではないけど、花が終わっても切り戻しだけしてそのままにしておいたナデシコ。春になってグングン伸びてきました。間もなく花を咲かせてくれます。
 .
あっ、たいした意味はないですが、花壇や大型プランター限定としたのは、小さなプランターだったら、花のない切り戻しをした株が目立ってしまうからです。ただそれだけです。私たちのように仕事でやるのではなく、普通に趣味でやられるなら全然有りです。
.

 .
上の例とは逆に、春に花の終わったシクラメンの球根をそのままにして、夏の花で隠しておいたら、次の冬に勝手に咲いてくるというバージョンもあります。しかし夏越しは、冬越し以上に難しいかも・・・

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - ガーデニング, 庭・植栽 , ,

  関連記事

公園の落ち葉掃除は必要なのか

紅葉の季節ですね。この時期になると思うのですが、公園での落ち葉掃除、あれ必要なん …

傾斜地の緑化に芝種シートを試してみた

ロイヤルステージ南春日丘で、土がむき出しのままになっていた法面(のりめん:人工的 …

今日から6月、弊社の新年度始まり

短夜の頃皆様いかがお過ごしでしょうか? 6月は、なぜか祝日のない月なんですね。こ …

厳冬期の植込みは、寒さプラス氷との戦い

趣味でやるガーデニングでしたら、わざわざ土の凍った日に植替えをするようなことはな …

寒肥(かんごえ)御礼肥(おれいごえ)の2月

先日角界では、雲竜型の日本人横綱が19年ぶりに、誕生しました。 早いものでもうす …

京都城南宮の庭

枝垂れ梅を見に行ったのですが、ほぼ咲き終わりでした。でも椿は見頃で、趣の異なる他 …

今年最強の寒波でやられた植物と何ともなかった植物

昨日、今年最強の寒波と言われました。大阪でもマイナス3℃となりましたが雪は降らず …

奈良 学園前プロジェクト その後-2

建物は全貌を現わし、ようやく植栽工事も始まりました! 以前の記事、奈良学園前プロ …

ユキモチソウの雪餅は食べるべからず

山野草の世界は奥が深く、私は少しかじっただけですので大したことは言えません。また …

各業界と比較した園芸業界の市場規模はどの位か

一目瞭然の市場規模マップというのを見つけました。 コチラです。 「花き小売」とい …