観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

日の当たるショールームなどに適した観葉植物の種類は

      2017/06/10

弊社のお客さん、BMW販売店のモトレーン阪神さん。このような車のショールームは明るい所が多く、特に直射日光が差し込む南向きだと、葉焼けを起こしてしまう観葉植物は結構あります。観葉植物の種類は、ただ単に好みで選ぶのではなく、設置環境に合った物を選ばなければなりません。今回は耐陰性の逆、いかに強光下でも葉焼けを起こさない植物かということがポイントになってきます。

1462678382462

 

今、納品しているのは光好きの代表格ベンジャミン。他に使えるのは、ゲッキツソングオブジャマイカユッカコンシンネパキラ、ゴムノキノ仲間でアルテシーマベンガルゴムなど。暗い所と違って、大概の観葉植物は枯れはしないのですが、葉焼けをすると見苦しい状態となりますので、そうなりにくい、光好きの植物を選ぶのです。あと、例えばカポックはこのような環境では樹液が落ちてきやすいから避けるとか、アレカヤシはめちゃくちゃ水がいるから避ける、ということもあります。(ちなみに水が少な目ですむベンジャミンでも窓際に置いた鉢の半月分の水の量は約6ℓ)さらに冬のことを考えると、窓際は夜間寒くなりますので、寒さに弱い植物を避ける必要もあります。

a0001_006834

余談ですが、昔熱帯地方へ旅行に行ったとき、普段温室や室内で見かける観葉植物が普通にその辺に生えているのを見てすごく不思議な感じがしました。特に、光が苦手だからといつもは暗い部屋で使っている観葉植物が、炎天下で葉焼けを起こしながら生えている光景には衝撃でした。葉焼けは人が鑑賞するには見苦しかっても、植物にとってはそれでいいのかと。例えばストレリッチア。葉を鑑賞するだけだったら強光に当てない方がきれいなグリーンの葉をしていますが、花を咲かせようと思ったら葉焼け覚悟で外に出して日光に当てなければなりません。きれいに見えるかどうかなんて人の都合で、植物には関係のないことなんでしょうね。

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - お客様紹介, 観葉植物 , ,

  関連記事

世界の熱帯植物が集まる展示即売イベント「BORDER BREAK」のご案内

雑誌BRUTUS特別編集 珍奇植物/総まとめ に紹介されていました。 今年で4回 …

夏場の花壇に観葉植物を使ってセンスアップ

これからの時期、観葉植物の中でも特にカラフルなクロトンやカラジュームが出回ってき …

観葉植物レンタルだけではなく、お花も、植栽管理も

昨日、久々の新規納品がありました。大阪市平野区の川島動物病院さん です。なんとな …

温室ボイラーの給水タンクを交換してもらった

築20数年になるうちの温室。普通の建物だったら、外壁塗装をしたり何かとメンテナン …

観葉植物で、切り戻しをした場合としなかった場合の違い

日中はまだまだ暑いですが、朝晩は寒くなってきました。今からの時期は、観葉植物はも …

軽トラのアレが地下道の壁に激突して、さてどうしよう

軽トラが車検で、車屋の人が取りに来られました。すぐに電話がかかってきて、「地下道 …

春先はコニファー類の剪定適期です-2017-

昨年は、弊社敷地内のコニファーをご紹介させていただきました。今年もそのうち剪定を …

バラの庭vs.日本庭園

 植栽管理の一環で、バラの管理を任されているお客さんがあります。茨木東中条パーク …

流木は、インテリア植物の装飾にもガーデニング資材にも使える

以前の記事で「お店のちょっとしたスペースにトロピカルガーデンを作る」という内容を …

ガラス温室vs.ビニールハウス

英語でGreenhouse は温室と訳されて定着しました。温室と呼ばれることもあ …