観葉植物レンタルの大阪アルファ・ウィン

大阪市・茨木市・豊中市・吹田市など大阪の観葉植物レンタルはアルファ・ウィンへ!

*

室内は明るいようでも暗い、それでも観葉植物は種類によって大丈夫です!

   

 観葉植物の中でも、ドラセナの青ワーネッキーやサトイモ科のパンドラなどは耐陰性が強く、ある程度暗い部屋でも大丈夫です。一方、ベンジャミンやクロトンなど光を好む観葉植物は、明るい部屋に置いてあげないとうまく生育してくれません。室内に設置する観葉植物を選ぶ際、明るさに応じた植物を選ぶ必要があるのです。

a0006_002305

 明るい、暗いといっても曖昧ですので、明るさの単位であるルクスでみてみましょう。一般的な蛍光灯照明の事務所で約500ルクスです。主要な観葉植物の生育限界と言われています。しかしそこでは生長を目的としているのではなくあくまで観賞用ですので、衰弱しないのであればその光でも十分ではないかと思います。一般家庭の外の光がほとんど入らない部屋では普通に照明を付けて300ルクス程、浴室や洗面では150ルクス程。そこそこ耐陰性のある植物しか適さないということです。一方、曇天時の屋外では1万~3万ルクス、晴天時の真昼の太陽光では10万ルクスもあります。屋外は室内と比べて桁違いに明るいのです。ですから逆に、室内でも外の光が入るところは、強光が苦手な植物では葉焼けをおこしてしまうので注意が必要ということです。
 最近は照明にLED電球が使われることが多くなってきました。LED電球は植物が光合成を行うのに必要な波長の光を出していないそうです。電気の消費が少なく環境にはいいのに、悩ましいところです。

CIMG1843

 ついでに明るさに応じた水やりの違いですが、ひとことで言えば 明るい所は多く暗い所は少なく となります。もう少し正確に言いますと、明るい所ではいっぱい水をあげてもすぐに吸収して乾いてきます。その勢いで植物は水を必要としているのに、追加追加でやられないと、水枯れを起こしてしまいます。水やりの際、受皿に水を貯めとく位の方がマシということです。逆に暗い所はなかなか乾きません。乾いてないのに次々に水をやっていたら根腐れを起こしてしまいます。一回たっぷりとあげたら完全に乾くまで10日かかろうが1ケ月かかろうが、追加で水をあげないことです。水やりの量(間隔)も設置場所によって桁違いに違うのです。

 

アルファウィンの会社概要はこちら

記事の内容へのお問い合わせはこちら

 - 観葉植物 , , ,

  関連記事

中も外も、鉢物も植栽も、植物のことならお任せください

貸鉢ってあまり広く認識されていないから、近くの人でもあそこは何をやっているんだろ …

時代遅れなのか最先端なのか、大型屋内緑化

日立造船株式会社大阪本社で、屋内緑化の管理をさせていただいております。通常サイズ …

ポトスやモンステラなどの観葉植物はツル性・這性のため、手を加え続けなければなりません

ポトスやモンステラなどの観葉植物はツル性・這性のため、形を保つためには手を加え続 …

sato⑥お花の市場へいってきました♬

こんにちわsatoです^^ もう6月も半ばジットリとした季節がやってきましたねぇ …

管理人のいないマンションのエントランスに観葉植物を設置する

私たち貸鉢屋は日々いろんなお客さんをまわるのですが、そんな中に賃貸マンションやテ …

観葉植物レンタルだけではなく、お花も、植栽管理も

昨日、久々の新規納品がありました。大阪市平野区の川島動物病院さん です。なんとな …

久しぶりの大口納品、ひとまず完了

大鉢1つ、2つ等のちょっとした納品はよくありますが、月額数万円を出していただける …

日の当たらない室内で、和風な雰囲気に合う観葉植物の種類は

観葉植物はそもそも熱帯系の物が多いため、色々な観葉植物を普通に飾れば南国風、トロ …

ウンベラータやオーガスタをオススメしない訳とは

最近、観葉植物引き取りの依頼がとても多いです。胡蝶蘭はさておき、その中に決まって …

あちこち片付けしたら気持ちいい~(^^♪

温室内の置き場レイアウトを大きく変更しました。移動させるということは、色々整理す …